6次産業化とは

6次産業化とは、農林漁業者が農林水産物を原材料として生産(1次産業)するだけでなく、自ら又は2次・3次事業者と連携して、
加工(2次産業)や流通・販売(3次産業)に取り組むことにより、新たな付加価値を創出するものです。

農山漁村に存在する豊富な地域資源を有効活用し、農林水産業と加工・流通販売を一体化して付加価値を高めることで、
所得の増大や雇用の創出を図り、もうかる農林水産業の実現を目指します。

六次産業化イメージ

6次産業化サポートセンターとは

 徳島県では、平成25年12月に「六次産業化サポートセンター」を設置し、6次産業化に取り組む生産者や事業者の皆様に対して、実践的なサポートを行っています。
 6次産業化に関する相談や専門家の派遣要望を受け付けているほか、研修会や商談会の案内も行っておりますので、お困りのことがあれば、ご連絡ください。

(関連記事)「六次産業化サポートセンター」の設置について(平成25年12月3日・県HP)

(関連記事)「6次産業化プランナーを派遣してもらうには?」

「六次産業化サポートセンター」お問い合わせ

住所
〒770-8570 徳島市万代町1丁目1番地
徳島県農林水産部もうかるブランド推進課 六次化・輸出戦略室
TEL
088-621-2432
FAX
088-621-2856
E-mail
moukarubrandsuishinka@pref.tokushima.lg.jp
受付
8:30~18:15
(土日祝日は、FAX又はE-mailにて受付いたします。)

六次産業化サポートセンター地図